超高齢社会を支える歯科の役割 河原英雄先生

  • ホーム
  • 超高齢社会を支える歯科の役割 河原英雄先生

超高齢社会を支える歯科の役割 河原英雄先生

ブログ

tanakashikatanakashika

皆さま今日は。

生野区にある歯医者 「田中歯科医院」です。

本日はササキのデンタルフェアに併設しました河原英雄先生のセミナーに参加しております。

来月にはもう一度河原英雄先生のセミナーを東京で受講する予定ですが、まずは触りをとの事で簡単なセミナーに来てみました。

河原英雄先生は78歳で現役です。そしてなんとしても高齢者を元気にしようと歯科の分野から注力されている先生です。その中で最近は入れ歯のセミナーを行なっている先生です。

入れ歯を作る歯科医師は沢山いるけども、食べれない入れ歯が多すぎる。

との事です。

自分も入れ歯に関してはある程度の自信がありました。

しかしながら限界があると自分で諦めてしまっている部分もありました。やはり前歯では噛めない、浮き上がるのはしょうがない、慣れないといけない。こんな事が昔より段々増えてきているような気もしてきました。

もう一度初心に戻り、総義歯と向き合っていきたいと思いました。

田中歯科で噛める義歯をもっと提供出来るように精進したいと思います。

食べる 話す 笑う

そんな日常を支える歯科医師に、歯科医院になりたいと思います。

診療時間

※待ち時間緩和のため、予約を受け付けています。

※土曜日の診療時間は9:30~12:30までとなります。

※木曜日、日曜日、祝祭日は休診です。

※身体に障害をお持ちの方でも安心して治療を受けられます。(車いすの方もスタッフが補助します。)

※お子様連れの方でお困りの方は、スタッフがお世話いたしますので、安心して治療していただけます。

  • 歯医者の選び方