定期的に歯石を取ったほうが良い理由

  • ホーム
  • 定期的に歯石を取ったほうが良い理由

定期的に歯石を取ったほうが良い理由

歯科コラム

localhostlocalhost

こんにちは生野区にある歯医者「田中歯科医院」です。

今回は、意外と皆様が放置されていることも多い、「歯石」についてお話しいたします。

 

なぜ歯石を取らなくてはいけないのかと思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?歯石とは文字通り、歯についている石のようなものです。しかし、歯石は単なる石ではなく、歯周病の細菌の住処なのです。歯石をそのままにしておくと歯周病の原因となり、出血や口臭が発生してしまいます。そうならないためにも歯石は定期的に除去することが大切なのです。

 

細菌の塊であるプラークが唾液に含まれているカルシウムなどのミネラル成分と結びつき石のように固まったものを歯石と言います。歯石自体は悪いものではないのですが、歯石には小さな穴が空ており、細菌はそこを住みかに繁殖していきます。また、細菌は毒素を出し、歯茎が腫れたり、歯の周りの骨が溶けたりと、歯周病の原因になります。歯石は固まっているので、ご自宅で行うブラッシングでは取れませんので、歯科医院でのプロケアを受け、歯石ごと除去する必要があります。

 

歯石除去を行うことで以下のことが得られます。

 

【歯周病を防ぐことができます】

歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯石は歯に固くこびり付き、その表面がザラザラしており、汚れが溜まりやすくなっています。歯の汚れ(プラーク)には細菌を多く含んでおり、繁殖して毒素を出します。その毒素が歯茎に悪さをおこない、炎症が起こったりすると言われています。定期的に歯石を取り除くことで、口内に汚れやプラークが溜まりにくい環境を作りましょう。そうすることで歯周病予防につながります。

 

【口臭を防ぐことができます】

歯石は細菌の住処で、どんどん繁殖していきます。歯石の周りに溜まった歯垢は発酵し、ガスを発生させ口臭の原因となります。また、細菌が歯ぐきを刺激し、歯茎の腫れや出血を起こす原因にもなります。

 

【歯ぐきが引き締まる】

歯石を取ることで歯茎がキュッと引き締まり、腫れが治まり、歯茎の炎症も落ち着いてきます。

 

 

 

歯石をとった後には、正しいブラッシングを行うことが大切です。歯石を取ることと、ブラッシングを行うこと。この二つを両立することで健康的な歯茎になるのです。

 

生野区にある歯医者「田中歯科医院」

診療時間

※最終受付時間:17:15

※土曜日の診療時間は9:30~12:30までとなります。

※木曜日、日曜日、祝祭日は休診です。

※身体に障害をお持ちの方でも安心して治療を受けられます。(車いすの方もスタッフが補助します。)

※お子様連れの方でお困りの方は、スタッフがお世話いたしますので、安心して治療していただけます。

  • 歯医者の選び方