虫歯治療・無痛治療・根管治療・親知らず

  • ホーム
  • 虫歯治療・根管治療・
    親知らず

歯を失わないためには、
早めにご相談することが大切です

桃谷駅・寺田町駅から通える大阪市生野区の歯医者「田中歯科医院」では、自費や保険を問わず質も精度も高い歯科治療のご提供に努めています。一般歯科で取り扱うお口のトラブルの代表格は虫歯ですが、こちらではよくある虫歯治療に加えて、重度の虫歯に対して行う根管治療、そして親知らずの抜歯についてご説明します。歯の痛みを感じるようなら、虫歯はかなり進行しています。痛みを感じたら、お早めに当院へご相談ください。

虫歯のメカニズムを知っていますか?

虫歯は誰もがなる可能性のあるお口のトラブルです。虫歯のメカニズムは解明されており、その仕組みを理解していれば効果的に予防することができます。どうして虫歯になるのか、そのメカニズムを知って予防に役立てましょう。

虫歯を招く条件と3つの要素

虫歯には、「細菌(虫歯菌)の数」「お口に残る糖分の量」「歯質の弱さ」という3つの要素が大きく関係しています。

細菌(虫歯菌)の数

虫歯は、虫歯菌が作り出す酸によって歯質が溶かされてしまう病気です。そのため、お口の中の虫歯菌が多ければ多いほど虫歯になりやすくなります。

対策
丁寧なブラッシングで、お口に細菌の棲み家となるプラーク(歯垢)を溜めないようにしましょう。

お口に残る糖分の量

虫歯菌は、お口に残っている糖分を栄養源にして酸を作り出します。そのため、お口に残っている糖分の量が多ければ多いほど虫歯になりやすくなります。

対策
虫歯菌が活発化する食後30分以内にブラッシングをして、お口から糖分を減らしておくようにしましょう。

歯質の弱さ

歯質の強さ(弱さ)には生まれつき個人差があり、歯質が弱い人の場合は虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされやすくなります。

対策
歯の再石灰化を促すフッ素を活用すれば、歯質を強化することが可能。高濃度のフッ素は歯科医院で塗布できます。

虫歯にならないためにはご家庭でのセルフケアが最も重要です

歯科医院に定期的に通うことはとても大切なことですが、ご家庭でのセルフケアも重要です。毎日しっかり歯の手入れを行うことで、虫歯になりにくい口腔内環境を保つことができます。また、市販で販売されている低濃度のフッ素配合(950ppm)の歯磨き粉を使用することで、さらに予防効果を発揮できます。

だらだら食べは虫歯になりやすいので要注意です

複数回にわたる間食など、お口の中に糖分が残っている状態を招きやすい「だらだら食べ」には要注意です。お菓子やジュースなどの甘い飲食物を断続的に摂取していると、お口の中が常に酸性に傾いた状態となります。そうすると唾液の自浄作用による歯の再石灰化(失われたミネラル分が再び歯に取り込まれる現象)が間に合わなくなり、虫歯になりやすくなります。

通常、お口の中はpH7(中性)くらいですが、甘いものを口にするとすぐに歯が溶けやすいpH6~5あたりまで酸性化します。だ液には緩衝作用があり、お口の中のpHを調整する機能があります。時間が経過すると元のpHに戻りますが、だらだら食べを続けていると、お口の中のpHが酸性に傾いたままになってしまうのです。この状態が続くと歯はどんどん溶けていきます。甘いものを食べたらすぐにブラッシングをしたりうがいをしたりして、お口の中を中性に戻すことを意識しましょう。

虫歯の進行段階について

C0

初期の虫歯

ごく初期の虫歯で、自覚症状はほとんどありません。適切な歯磨きやフッ素塗布などで再石灰化が期待できます。シーラント等を利用し再石灰化、虫歯悪化の予防ができます。

C1

エナメル質の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が溶け、小さな穴が開いている状態です。黒ずみが見られますが、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。う蝕の除去等、処置が必要な場合があります。

C2

象牙質の虫歯

エナメル層の内側にある象牙質まで虫歯が進行している状態です。虫歯は中で広がりながら進行するという特徴があります。表面は小さい穴に見えますが、中はかなり進行しており、表面が張りぼてのようになっていることが多いです。「急に大きく歯が欠けた、穴が開いた。」などがこの状態です。

C3

神経まで進んだ虫歯

象牙質の奥にある歯髄(歯の神経)まで達してしまった状態です。ズキズキと痛み、歯髄を取り除く根管治療の必要があります。

C4

歯根の虫歯

虫歯が歯冠部を溶かし、歯ぐきより上の部分がほとんどなくなってしまった状態です。神経は死んでしまっているので、痛みはありませんが、放置すると根の先に膿がたまり、痛みが再発し、最悪の場合抜歯となります。

当院では無痛治療を行っていますので、痛みが苦手な方にも安心です

生野区の歯医者田中歯科医院では出来るだけ痛みを抑えた「無痛治療」を行っています。注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげる表面麻酔や麻酔液を一定の速度でゆっくり注入できる電動注射器を使用して、痛みを緩和する治療を行っています。

無痛治療への取り組みその1 表面麻酔

表面麻酔とは麻酔を打つ部分に塗る麻酔のことです。注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげるために表面麻酔を行います。

無痛治療への取り組みその2 注射する際、針のカット面を裏側にします

針の断面図は右のようになっており、刺す際は針のカット面を裏側にして注射しています。カット面を表側にして刺してしまうと、粘膜に引っかかってしまうことがあり、痛みを感じてしまいます。

無痛治療への取り組みその3 電動麻酔器で一定圧で注入

麻酔液の注入は急いで注入をしてしまうと圧力がかかってしまい痛みを感じてしまうことがあります。そのため、当院では一定の圧力で麻酔器を注入するためにコンピュータによる自動制御ができる電動麻酔器を使い、痛みを感じにくいスピードで麻酔液を注入しますので、感じる痛みを軽減できます。

無痛治療への取り組みその4 麻酔注射器は最も細い針(33G)を使用

当院では最も細い針を使用しています。麻酔注射が痛くないように「33G」という一番細い注射針で麻酔注射を行っています。

無痛治療への取り組みその5 2回に分けて麻酔を行います

初めに稼働粘膜と言われる箇所に麻酔を打ち、徐々に患部へ麻酔を浸透させていきます。少し時間をおいて、次に歯ぐき付近の付着歯肉へ麻酔注射を行っています。そうすることで、初めから患部付近に麻酔器を打つよりも少し離れた箇所からアプローチしていくため、痛みを和らげることができます。

無痛治療への取り組みその6 十分な説明とコミュニケーション

治療前には必ずどういった治療を行うのかを説明しています。治療内容によっては上記取り組みを行っても痛みを伴う場合がありますので、患者様と密にコミュニケーションを取って治療時における不安を解消しています。

重度の虫歯でも「根管治療」で歯の喪失を防ぐことができるかもしれません

当院では出来るだけ痛みを抑えた「無痛治療」を行っています。注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげる表面麻酔や麻酔液を一定の速度でゆっくり注入できる電動注射器を使用して、痛みを緩和する治療を行っています。

当院の根管治療へのこだわり

根管内に細菌や汚れがあると再発リスクが高まるため、根管治療では特に丁寧さと精密さが求められます。大阪市生野区の歯医者「田中歯科医院」では、すべての患者様に質も精度も高い根管治療をご提供するため、次のような器具を用いています。

拡大鏡

暗いお口の中で、さらに歯根の内部を処置する必要性から、正確性を高めるために拡大鏡を使用します。肉眼では見えない部分までしっかり目視しながら治療を行います。また視軸と光軸をできるだけ合わせることによって深部まで見えるようになります。

NiTiファイル

根管内から汚染された血管や神経など組織をしっかり除去するための専用器具です。しなやかさと強度を兼ね備えており、確実な処置を実現します。

根管治療の流れ

STEP01 | 汚染部の除去

虫歯に汚染されている組織をNiTiファイルでしっかり除去します。

STEP02 | 隔壁の作成

唾液が入らないように歯の周りに隔壁を作成します。また、必要に応じてラバーダムを使用します。

STEP03 | 歯根内部洗浄

歯根の内部が無菌状態になるまで洗浄・消毒します。

STEP04 | 薬剤の充填

曲がりくねった根管内部に隙間なく薬剤を充填します。

STEP05 | 支台作製・冠装着

残っている歯根部に支台を立て、被せ物を装着したら完成です。

親知らずの抜歯や歯牙移植・保存

親知らずは永久歯が生えそろってきたあとに、奥歯のさらに奥に生えてくる歯です。食生活の変化などから現代人は以前よりも顎が小さくなったと言われており、顎の骨に十分なスペースがないことから、親知らずが正しく生えないケースが多くあります。

親知らずの生え方が横向きだったり斜めだったりすると、周囲の歯を押したり粘膜を傷つけたりしてトラブルの原因となります。こういったケースは虫歯のリスクを高めることも多く、抜歯と診断されることがほとんどです。

大阪市生野区の歯医者「田中歯科医院」では、親知らずの抜歯にも対応しております。急な痛みがある場合は、お早めにご相談ください。また、将来歯を失ったときに自分の親知らずを移植する自家歯牙移植・保存にも対応しております。親知らずは抜くべきか否かを適切に判断する必要があります。気になる親知らずがある方は、一度お問い合わせください。

当院には日本歯科保存学会の認定医も
在籍しています。
抜歯をすべきかどうかの正しい判断は、
専門家にご相談ください。

ご相談・診療ご予約は
こちらからお気軽にどうぞ

休診日:木・日・祝 
【月~金】9:30~19:00 【土】9:30~12:30