無痛治療

痛みに配慮した
治療を行います。

桃谷駅・寺田町駅から通える大阪市生野区の歯医者「田中歯科医院」では、治療の際の痛みに対して最大限に配慮した治療を行います。

痛みが苦手な方もご安心ください。

注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげる表面麻酔や麻酔液を一定の速度でゆっくり注入できる電動注射器を使用して、痛みを緩和する治療を行っています。

無痛治療への取り組みその1 表面麻酔

表面麻酔とは麻酔を打つ部分に塗る麻酔のことです。注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげるために表面麻酔を行います。

無痛治療への取り組みその2 注射する際、針のカット面を裏側にします

針の断面図は右のようになっており、刺す際は針のカット面を裏側にして注射しています。カット面を表側にして刺してしまうと、粘膜に引っかかってしまうことがあり、痛みを感じてしまいます。

無痛治療への取り組みその3 電動麻酔器で一定圧で注入

麻酔液の注入は急いで注入をしてしまうと圧力がかかってしまい痛みを感じてしまうことがあります。そのため、当院では一定の圧力で麻酔器を注入するためにコンピュータによる自動制御ができる電動麻酔器を使い、痛みを感じにくいスピードで麻酔液を注入しますので、感じる痛みを軽減できます。

無痛治療への取り組みその4 麻酔注射器は最も細い針(33G)を使用

当院では最も細い針を使用しています。麻酔注射が痛くないように「33G」という一番細い注射針で麻酔注射を行っています。

無痛治療への取り組みその5 2回に分けて麻酔を行います

初めに稼働粘膜と言われる箇所に麻酔を打ち、徐々に患部へ麻酔を浸透させていきます。少し時間をおいて、次に歯ぐき付近の付着歯肉へ麻酔注射を行っています。そうすることで、初めから患部付近に麻酔器を打つよりも少し離れた箇所からアプローチしていくため、痛みを和らげることができます。

無痛治療への取り組みその6 十分な説明とコミュニケーション

治療前には必ずどういった治療を行うのかを説明しています。治療内容によっては上記取り組みを行っても痛みを伴う場合がありますので、患者様と密にコミュニケーションを取って治療時における不安を解消しています。

ご相談・診療ご予約は
こちらからお気軽にどうぞ

休診日:木・日・祝 
【月~金】9:30~19:00 【土】9:30~12:30